<   2007年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

「日之影へ」 そして「拓」のこと

明日の夜から4泊5日の日之影ツアーだ!
役場職員 S 君の結婚披露宴にお呼ばれいただいたのがメインなんだけど、
約7ヶ月振りの日之影を堪能してこよう!

フリーで動けるのは1日だけなので、
二日酔いで台無しにしないようにしなくては…。


そして「拓」のこと

みなさんに知ってもらいたい、
応援してもらいたい青年が日之影にいます。
f0036670_0161966.jpg

NPO地球緑化センター発行「タマリスク」Vol.76より転載
写真をクリックすると別ウインドで拡大されて表示されるハズですので、
ぜひお読みになってください。


では、ありったけの「祝福」と怪しげな「企み」を抱えて、
日之影へレッツゴーだ!

P.S. Yanpees Live in 高千穂やります!レポ、お楽しみに!
P.P.S. 日曜日は博多でご褒美ナイトだ!
[PR]
by bulldog-003 | 2007-05-31 00:18 | 日之影 on my mind

ホームで勝とう!

日曜日の F・マリノス戦も1-1のドロー。
またまた「なぜなんだ? オジェック」と思っていたことも、
今週末の旅のことが頭の中の大半を占めてきたことだし、
あーだこーだはしばし封印しとこ。

5月の Reds は埼スタで計5試合した(ACL 1試合及び AWAY の大宮戦含む)。
そのすべてがドロー。引き分けに終わった。

4/21の川崎戦で1年7ヶ月に及んだ埼スタ不敗神話が途絶えた途端、
今度は「負けねーけど勝てねー」なんとも消化不良の週末の連続だ。
それだけに、Yanpees の「Reds の応援に名古屋まで行くぜツアー」はヒカる。

中国開催のA3(期待してるぜ)を挟んで、
次回のホームはちょっと空いて6/20、駒場での神戸戦だ。
これぞオジェック Reds が見られるハズ。

とにかくホームで勝とう!
ホームなんだから!


f0036670_032369.jpg

2007 05.27
J1 #13
vs. F.Marinos at Saitama Stadium 2002 (Home)
1-1

Photo : Red Soul Brother “ dozeu-Y ”
[PR]
by bulldog-003 | 2007-05-30 00:37 | We are Reds!

「スナック」ちゃいまんがな、「スナップ」でんがな!

土曜日、おめでたい席にお呼ばれして新宿で飲んだ。
「コレとコレはあるかもしれねーが、コレとコレはありえねーだろ!ペー!」なんて話で腹を抱えているうち、時を忘れていた。

終電の時刻はとっくに過ぎていた。

Taxi で帰ることになった。
ほどなく寝てしまった(ようだ)。
古くからの友人に起こされた時には彼の自宅近く。
白い紙袋を手渡された(ようだ)。

翌日(昨日)、紙袋の中味をあらためてみると、
♪ ジャ~ン!
f0036670_16832.jpg

皮ごと食べれる「スナップえんどう」なり!とメモが添えられていた(写真はほんの一部)。
色・艶・大きさといい、きっと「かの地」から届いた恵に違いない。

2日経ってようやく正気にもどりました。
お礼が遅くなりました「ありがとう!」

そして、皮ごと食べれる「スナップえんどう」は…、
f0036670_163650.jpg

見事な「スナップえんどうご飯」になりました(ピンボケ容赦)!

だから皮ごと…
[PR]
by bulldog-003 | 2007-05-29 01:10 | 日之影 on my mind

やっとオジェックの本気を見た

AFC アジアチャンピオンズリーグ グループステージ第6戦(最終戦)
Reds は勝てば文句なし、引き分けでも決勝トーナメント進出が決まるゲームだった。
結果は 0-0 のドロー。
見事、次のステップに駒を進めた。

今日は訳あって TV 観戦。

中3日とはいえ選手も名古屋参戦組サポも「よだきー」なんて言ってられない大一番だ。

オレ的第一チェックポイントは選手の表情だった。
ここで Reds サポ歴15年ならではの蘊蓄をご披露しましょう。
TV観戦時は No.6 の表情に注目。
ここぞの時(そーめったにない)は「スーパーサイヤ人」に見えます。
髪こそ金色にはなりませんが、
その目つきたるや別人。
なんでいつもそーならないんだ!と思うことがほとんどですけど。

今夜の No.6 はたまにしか見られない、特別なモードにシフトしていた。
だから開始早々から、かなり勝てそーな気になって見てた。

第二チェックポイントはオジェック(監督)の采配。
今日は動いた。
交代枠をフルに使い、しかも勝ち行く姿勢を前面に押し出し、
見る者(オレだけど)を唸らせる的確な人選とタイミング。

オジェックの本気を見た。

ベンチから出て大声で指示を出し、
好プレーには拍手、ミスにはすぐさま修正をかける。
大きいジェスチャーは選手に伝わりやすかっただろう。

またまた何様のつもりで言わせてもらうなら、
「やればできるじゃんオジェック」

フルタイムのホイッスルが鳴り、
オジェックは両の腕を突き上げた。

そんな感情丸出しのオジェック、今シーズン初めて見たよ。
もちろんオレも一緒に TV の前で同じコトしてた(オレはいつでも丸出しだけどさ)。

f0036670_23412472.jpg

後半開始前の『威風堂々』 (埼スタより画像送ってもらう)
Photo : Red Soul Brother “ dozeu-Y ”

AFC Champions League 2007
Group Stage / Group E #6
埼玉スタジアム2002

Urawa Reds 0-0 Sydney FC
[PR]
by bulldog-003 | 2007-05-23 23:41 | We are Reds!

ライブレポ!

Yanpees with Ukulele-Ken 狂熱の Live Tour 2007
“味噌カツ好きは田村だけ 彼女と俺はハンバーグか蕎麦” at 島風食堂のレポ!(映像付き)

ツアータイトルは名古屋でのランチは何がいいか迷う Vo.からのメール文から。
で、結局「きし麺」にしたらしい。

さて、Live レポですが…、

ふと気づくと、カウンター越しに「ライブやるお店ですよね」とマスターに話しかけている姿があった。
「ライブは来週ですけど…」とマスター。
「ウクレレなら頼めばやっていただけると思いますが…」とマスターの奥さんが答えている。
何だかトンチンカンな会話だ。

昨年11月の Solo Live で初対面にも関わらず競演した
プロのウクレレ奏者「Ken」さんが
今回はオレたちの Live のためにやって来てくれていた。

そして来週、
島風食堂ではラップスチールギターの「すぎの暢」さんの Live がある。

トンチンカンにはこんな訳があったのだ。

文化祭的ノリをベースに愛と勢いのバンドに過ぎないオレたちは
トーゼンものの数には入っていない(そこがナントモ可笑しかった)。

で、SNS (mixi)の威力はスゲーと思った。
mixi の日之影コミュにもライブの告知をしたところ、
予定を変更して駆けつけてくれた(飛び込んできた)方は
Vo.の旧友「Oooooouch!狸の塩漬け」さんだった。

Per.の友人3名、
たまたま居合わせてしまったお客さん
島風食堂スタッフのみなさん
もちろんオレのRed Soul Brother “どぜうY”
たくさんの人たちを勝手に巻き込んで(みなさんホントにどうもありがとうでした)
狂熱のライブが始まった。

Opening Number は「青雲橋音頭」

狂熱のライブ映像がありますので
会場の熱気・興奮と合わせ
ぜひご覧(お聴き)下さい。

Yanpees Live!お楽しみいただけましたでしょうか?
※画面が暗いのはプライバシー保護の為でなくライティング(暗め)によるものです。

いつでもオレたちを呼んで下さい!
ビンビンにキメてブッ飛んで行くぜ!

Set List
1. 「青雲橋音頭」 (じゃき Native が唄わんとねVersion)
2. 奥田民生 「さすらい」
3. The Boom 「風になりたい」
4. 山崎まさよし 「One more time, One more chance」
Encore : RC Succession 「雨あがりの夜空に」

島風サイコー!日之影サイコー!Yanpees サイコー!な夜でした!
[PR]
by bulldog-003 | 2007-05-21 19:51 | 日之影 on my mind

やっと名古屋で勝つ!

2003.11.22 瑞穂陸上競技場 Grampus 4-1 Reds
2004.10.09 瑞穂陸上競技場 台風のため延期(オレたちもツアー見送り)
2006.11.18 豊田スタジアム Grampus 1-0 Reds

名古屋に乗り込んでの Red Soul Brother “どぜうY” とオレの参戦記録だ。

そして今回…
2007 05.19 J1 #12 vs. Grampus at Toyota Stadium (away)
1-2 win!
f0036670_19352829.jpg

勝ったぜ!
おかげで気持ちよく「島風」へ Go!
[PR]
by bulldog-003 | 2007-05-21 19:38 | We are Reds!

“YANPEES LIVE in 名古屋”のお知らせ!

日之影町(宮崎県)つながりの脳天気ユニット“YANPEES”が名古屋でライブします。
よくお笑いと間違われますが、本人たちはいったて真剣に唄います。
お近くの方、たまたま名古屋に行かれる予定のある方、ぜひお越し下さい!

とき:5月19日(土)19:00~(実際に始まるのは未定)
場所:島風食堂(名古屋市中区新栄3-23-3 / 052-263-5286)

Yanpees are…
 Yanpee:Vo. & つっこみ
 Ryuya:Per. & ボケ
 Bulldog-003:A.G. & 目印
[PR]
by bulldog-003 | 2007-05-18 12:17 | 日之影 on my mind

これであなたも “We are REDS!” (メンバー紹介MF編)

一晩経って読み返してみると(昨日のブログのこと)、
ホント「何様」なんだ!って思うケド、
まあたまにはハッキリ自分の考えを書くことも必要かなと…。

それと昨日アップしようと思っていた映像を載っけておきます。
メンバー紹介「MF編」どうぞお楽しみ下さい!


2007 05.13
J1 #11
vs. Gamba at Saitama Stadium 2002 (Home)
1-1
[PR]
by bulldog-003 | 2007-05-15 01:10 | We are Reds!

オレに言わせろ!

今日はガンバ戦。
気合い入れてオレたちのホームスタジアムへGO!
試合前のUPから地鳴りのような“オーオーオー!”(♪愛さずにはいられない)が響き渡る。
この試合の重さを物語る。

結果は1-1のドロー。
試合はどっちがホームなんだって程の内容。
負けなくって良かった、ってのが正直な感想。

5月に入って、4試合(ACL1試合含む)すべてドロー。
オレが言うのも何だけど、
オジェック(監督)サッカー「ちょっと不満」です。

何様のつもりで言わせてもらうと…

①過密日程なんだから、コンディションの良い、
 元気ある、ガッツあるプレーヤーをなぜ起用しない。
 ネームバリューが優先順位か?

②仕掛けが遅いのでは?
 交代枠3人をフルに、有効に使って欲しい。
 今日なんて走れる人が前線にもっと早い時間から必要だったのでは? 
 それと、今後のことを考慮して
 ベンチの選手のモチベーションを高める必要アリでしょ。

③そして何より「ホームなんだから!」
 もっと勝ちに(点を獲りに)ガンガン行くべきでしょ?
 5万人以上のサポがついてるんだから、
 それを勇気にして欲しい。
 引いたサッカーなど見たくない。
 チャレンジしないサッカーなど見る価値がない。
 前監督が掲げた「2点獲られても3点獲りに行くサッカー」は、
 オレ(たち)のココロを掴んだが、
 同じドイツ人でもサッカー観は相当違うらしい。

試合後のオジェック監督のコメント
「すばらしいモラルというものを見せてくれた」

よくわからん!


f0036670_23104549.jpg

オレたちがついているんだから!
[PR]
by bulldog-003 | 2007-05-13 23:13 | We are Reds!

♪オレたちの浦和レッズ!

たった今、VTR を見終えた。
久しぶりに興奮した。
ACL #5 vs.ペルシク・ケディリ マナハンスタジアム(インドネシア ・AWAY)

気温33℃ 湿度87% ってちょっと想像の域を超えるよね。
そんな環境の中で、3-3のドロー。

オレ的評価は「選手も飛んでいったサポも、すげー良くやった!」です。

選手もサポも90分間、フルタイムでファイトしてた。
気持ち入ってた!
TVから十分すぎるほど伝わってきた。

これだよ、これ!

次のHOMEでしっかり勝って、
決勝トーナメント行こうぜ!


※タイトルは “Pride of Urawa” という応援歌(オレたちの魂の唄)の一節です。
[PR]
by bulldog-003 | 2007-05-10 00:24 | We are Reds!