<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

No.6

Redsの選手で「誰が好き?」って、あんまり考えたことがなかった。
でも、金曜の夜にそんな話をした(らしい)。
いつものように調子こいていた。なので、記憶が曖昧…。
“Pride of Urawa” まで合唱してた(らしい)。
東京タワーの近くのお店で。

で、「山田」と答えた(らしい)。
ふ~む、やっぱり「山田」なのか。
我ながら、良い答えだ。

話は変わって、昨日のアビスパ戦。
今シーズン最後の駒場だ(リーグ戦では)。
勝利の挨拶の後、駒場のピッチに一礼した伸二が焼き付いた。
フツーのことなんだけど、いろいろとね…。
f0036670_640924.jpg

[PR]
by bulldog-003 | 2006-10-16 06:44 | We are Reds!

Saitama Stadium 2002 and the Moon

走るなら今夜はここと決めていた。
そして3周「ハーハー」
f0036670_2345554.jpg


♪ Imagine (Live)
[PR]
by bulldog-003 | 2006-10-10 23:48

Leave A Tender Moment Alone

Sol La をはじめて、はじめての個人的な節目の10.10だ。

“Imagine” (John Lennon)
 …
 心の中で思い描いてみてごらん
 空を
 …
 かけがえのない今日という日を
 けなげに
 いっしょうけんめいに
 生きているんだ

 (自由訳イマジン:新井 満 訳より抜粋)

うん、そうだよ。
“いっしょうけんめい”に生きよう!って、あらためて思うんだ。


P.S.でも、さっきから何度も繰り返し聴いているのは…、
♪ Leave A Tender Moment Alone (Billy Joel) だったりする。
たまらん曲だ!
[PR]
by bulldog-003 | 2006-10-10 00:17

東京マラソン 抽選結果のお知らせ

当選メールが届いた。
来年2月18日
東京を走る!
42.195km走る!
[PR]
by bulldog-003 | 2006-10-05 22:59 | 東京マラソン

週刊 “日之影 on my mind” vol.12 (栗の記憶篇)

家に帰ると日本一の栗が届いていた。山のように。
そのお宅では、ほんの1日だけ、お手伝いさせていただいただけなのに、毎年、おいしい秋の便りを届けていただいている。

日之影の栗が日本一となるには、それ相当の生産者のみなさんの苦労がある。
でも、オレのようなものが文字にしてしまうと「軽く」なってしまうので、申し訳ないんだけど(文章力の問題もあるので、書けないと言った方が正しいか…)。

でもでも、箇条書き風にしてちょっとだけ。
栗の木は山にある(平坦ではないということ)。
もぎるものではない(スクワットの繰り返し)。
そのまんまではない(イガとの戦い)。

軽トラ一杯に積まれた栗を持ち帰り、それから選果の作業だ。
色・ツヤ・大きさ・永沢君の頭の部分が整っているか・虫くれはないか等々のチェックを行い仕分けしていく。
量が半端じゃないので、この作業は夜遅くまで続く。
そして、それが、3~4週間毎日続くのだ。

日之影の生産者のみなさんが、永年、この高いスタンダードを守り続けていることによって築かれた市場の信用は絶大なのだ。

だから「日本一」になった!

だから、キミのお父さんとお母さんの顔を思い浮かべながら、
栗の味を噛みしめるよ。

ありがとう!
f0036670_23383925.jpg

P.S.大好きなスタジアムの周りを3周してきた(雨に煙っていたけど)。
でも、書きながら思ったんだけど、栗拾いの方が「効く」な。相当。

♪ 出会えたこと それだけで意味がある (奇跡 / 倖田來未)
[PR]
by bulldog-003 | 2006-10-02 23:40 | 日之影 on my mind