<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

週刊 “日之影 on my mind” vol.8 (TR “Gomi Sta.”篇)

f0036670_22124965.jpg


(つづき)

この写真のように五ヶ瀬川を挟んで吾味(ごみ)駅を眺めるのが好きだった。
トンネル脇に東屋がある。そのベンチに腰掛け、良く眺めたものだ。
秘密の花園(椛木)での苗作りの帰りに、
老人ホーム(当時:八戸)でのお手伝いの帰りに、
絶好の一服ポイントだった。

休日、あまりに清々しい天気だったので、
ギターをそこで弾きたい衝動に駆られた。
誰の迷惑にもならないところなので、
いつの間にか大声を張り上げ自己陶酔していた。
ある曲を弾き終わったところで、背後から“パチパチ”と拍手。
驚いて振り向くと、年配のご夫婦が…。
熊本からドライブで来られたという。
「いい唄を聞かせてもらったのでお礼です」とおにぎり2個いただいてしまった。
そして暫し日之影談義…。

ちょっとした「吾味駅」をめぐる想い出でした。

Photo by Yang P (Hinokage T. )
[PR]
by bulldog-003 | 2006-06-29 22:16 | 日之影 on my mind

ゴール裏が結んだ結婚

f0036670_2239147.jpg

Reds戦のGoal裏は戦う場所である。
でも、極希に出会いの場となるようだ。
新郎の健全な社会人を育成する世界的青少年活動団体の後輩Hは
新婦MさんをそんなGoal裏でGetした(不適切な表現かな)。

後輩Hは熱狂的なRedsサポである。
新婦Mさんは“KING KAZU”を愛してやまないが故、
KAZUの所属チームの次にRedsが好きなのだそうだ。

そんなMさんは「KAZUに披露宴の招待状を手渡したんです」と、
先月開かれた健全な~団体のお披露目会で真顔で言っていた。

昨日の披露宴ではKAZUからの祝電が披露された。

Reds戦のGoal裏は戦う場所である。
なので、ボクには…。

若い二人の前途に幸多かれと願う!
[PR]
by bulldog-003 | 2006-06-25 22:40 | We are Reds!

A Blue Rhapsody in 2006 Ended.

終わった。王国の壁は永遠さえ感じさせた。

こんなんじゃ済まないだろシンジ…。

f0036670_732765.jpg

[PR]
by bulldog-003 | 2006-06-23 07:32

Zico(ズィッコ)よ

大会前に日本人的発音を指摘されても、今さらズィッコにはならん。
20年以上、日本人のほとんどがあなたを“(神様)ジーコ”と呼ぶのだ。
サッカーの神様でさえ願を掛けなければならない時が迫ってきた。
一度も勝ったことがないあの王国に、2点以上の差をつけて勝たなくてはならない。
もし、百万が一、最低条件をクリアしても、
サッカルーが○○ッチに勝ってしまったら(その他諸々)、そこでOUT!
厳しい。厳しすぎる。

だから、最後に見せて欲しいのだ。
あなたが描く日本代表のサッカーを!Footbolを!

たぶん、あなたが描きたかったのは、
4年前のあなたが率いた第1戦にヒントがあるような気がする。
そして、その時、ゴールを決めたのは…、今の18番。
でも、この期に及んであなたは18をスタメンで使わない。

f0036670_1131669.jpg


ボクは18を信じ続けている。
Footbolの楽しさ・厳しさ…、彼を通して知り得たものは計り知れない。

18はやる!必ずやる!

今の代表サッカー楽しいか?
Waku-Wakuするか?
4年前、今よりWaku-Wakuしてたでしょ?

Zicoよ!
[PR]
by bulldog-003 | 2006-06-22 10:06

週刊 “日之影 on my mind” vol.7 (Takachiho Railway篇)

f0036670_0281745.jpg

ここんとこ今も走れない列車のことを
ボクなりに考えることが多くなった。
そう、TR高千穂鉄道。
去年の台風14号のせいで線路は至る所で寸断されたままだ。

TRの強烈な想い出が二つある。

一つは“納涼ビアホール列車”
読んで字の如く列車がビアホールと化す。
日之影温泉駅から延岡駅まで、
夏の夕景を楽しみながらBEER!BEER!BEER!
動く「左近」だった。
延岡でまた飲んで、帰りの列車は走るカラオケパブと化したのだ。
♪Oh My My My My Julia~!って吠えてた記憶がある。
動く「虹会」だった。

もう一つはNPO職員の時、
日之影出張という粋な仕事で向かう途中、
TRはとある駅で停車中、突然動かなくなった。
原因はエンジントラブル。
クレームをつける人などいない。
むしろ、思いがけないトラブルを楽しんでるような乗客のみなさん。
「てにゃわん」スピリットだ。
小1時間すると助けの列車が来て、引っ張ってくれた。

TR復活に向けての道は険しすぎるけど、
生活の足として必要な人がいる限り、
微力ながら、あまりに微力ながらも、
ボクの手伝えることは手伝おうと思っている。

(つづく)
[PR]
by bulldog-003 | 2006-06-05 00:32 | 日之影 on my mind