カテゴリ:日之影 on my mind( 73 )

週刊 “日之影 on my mind” vol.2 (Debut篇)

いきなりAが登場する。
「明日ぶどう園行くけ?お前が来るのを待ってたっちゃが」
と初日の夕方だった。

ぶどう園へは町の中心部から車で30分。
だが、細い山道をウネウネ登らないとたどり着くことはできない。
さらに、ガードレールは無いのも同然で、ハンドル切り損ねたら…。
しかも、1度では道順を覚えることが出来ない。
というようなところにある。

待ち受けていたのは、
見晴らしの良い景色(一度で好きになった)。
新しいブドウハウス。
スコップと土(ポットに土を入れる作業)。
そして…。

そして…の、「…」を記すのは、ちょっと勇気がいる。
いや、かなりかな。

f0036670_20452393.jpg


思い切ろう。
そして親方が登場する。
ぶどう園の主だ。

Lunch Time
ヒアリングレベルはゼロだったので、
会話の70%は理解不能だった。
そんな中、間抜けな質問をしてしまった。
「ココで有名なものは何ですか?」
間髪入れずに「焼酎飲みばい!ガハハハ!」by親方。
(「芋焼酎を好まれてたくさん飲む人たち」の意)

日之影人になろうプロジェクト(=郷に入っては郷に従えプロジェクト)は
親方の「まあ飲めや」がすべての始まりだった気がする。
ふてー(太い)竹を切った極上の杯に注がれた芋焼酎。
一口飲んだ。
ヤバイ感じで美味かった。
労働による乾きが手伝ってるとはいえ、
美味かった。

実は、日之影以前のボクは焼酎というものが苦手だった。
BEER→日本酒 or BOURBONな野郎だったのだ。
「宮崎行くのに焼酎飲めなくてどうする?」
こちらの友人Sに忠言してもらっていたが、
駄目なものは駄目だった。

なのに「美味かった」。不思議ね!というお話でした。
では、また来週!

P.S. 同い年の友人A、そして親方とのいきなりの出会いは、
あの1年をいろんな意味で豊にしてくれた。感謝!
また、Debut編ならば、ボクの担当をしていただき
最初から尻まで面倒見ていただいた
Hさんのことにも触れなければならなかったのだが、
いずれまた。


今宵のB.G.M. : “Mornin' ” Al Jarreau
Jeffのハネハネ16thが心地よいのだ!

Shinji & Tsuboi 良かったなと…
[PR]
by bulldog-003 | 2006-02-18 23:23 | 日之影 on my mind

日之影 on my mind

子どもの頃、時刻表を見るのが好きだった。
ここ(浦和)から全国へ時刻表で旅をしていた(つもりになっていた)。
おかげで日本の地理には疎くない方なのだが、
98年の11月までボクには「日之影」の「ひ」すらなかった。

それが、人智が及ばぬ力によるものなのか、
神様のお導きなのか(未だに分からないけど)、
99年の4月から「日之影」なくして、ボクの人生は語れなくなった。

…とここまで書いて、
これは到底1回では書ききれないことに気付いた。
タイトルは“週刊 日之影 on my mind”にしよーっと。
なので、つづく。

P.S. 今日、友人Yの計らいで日之影の方々に、
  この拙Blogを紹介していただいたとのこと。
  あの頃のように酒(=生Beer&焼酎)を飲みながら語ることはできなくても、
  こういうスタイルもアリかなと…。


f0036670_20433328.jpg

99年4月、初めて九州の地を踏んだ時にカーステで流れていた曲 at 宮崎港:
“Boys Cried(あの時からかもしれない)” misato
[PR]
by bulldog-003 | 2006-02-09 23:57 | 日之影 on my mind

今日(1.17)に思うこと

f0036670_22123987.jpg


今朝は5時に起きた(いつもは7時前)。
朝刊を取りに玄関を出た。
夜明け前、寒かった。あたりまえだけど寒いよね、冬の朝は。

あれから、11年目(阪神大震災)の朝だ。
当時、火曜日が休みな仕事だったもので、
遅い朝、ボーッとした頭でテレビをつけたら…。

自然が人を取り巻く環境に猛威を振るったとたん、
その力に立ち向かおうとも、如何ともしがたく、
せめて、災害を軽減するのは、日頃の心掛けと準備ぐらいなんだろう。

写真は去年の台風14号の爪痕のひとつ。
ボクが住んでいた町(宮崎県日之影町)の寮から、
ほど近い場所での土砂崩れ(左は小学校)。
水は民家の2階に迫った。

そこは九州でも台風銀座と言われているほど、
台風がよくやって来るところ。

あれほどの災害を被りながら町の死傷者はゼロ。
早目の避難の結果だ。

But. 家が流されてしまったり、押し潰されてしまったり、
田畑が崩れてしまったり、鉄道が寸断されて経営断念になってしまったり…。

立ち直るには、時間といろいろなパワーが必要だ。

今でも仮設住宅での生活をしている方から年賀状をいただいた。
「キルティングの展示会を西鉄福岡駅で行いました」と写真に添えてあった。

パワーだ!


気づくと今日も火曜日。
明けた空は雲ひとつ無い青だった。


今宵のB.G.M. “Ruby Tuesday” Rod Stewart
[PR]
by bulldog-003 | 2006-01-17 22:15 | 日之影 on my mind