入浴新聞

New York Times ではない。
というか、またまたネタズレちっくなタイトルでスマン。

風呂(自宅)に入る時は湯船につかりながら新聞(朝日)を読む(ことが多い)。
ジワーっと汗をかくまでが勝負なので、
まず天声人語と社説を読み、
他はバーっと目を通し、「!」度の高い順に読む。

今夜(今し方)はいきなり天声人語で「ふ~む」と唸らされた。
「東京マラソン」ネタであった。

『五大陸を走破したフランス人、セルジュ・ジラールさんに聞いたことがある。走行中は脳がさえるので、計算を楽しむのだそうだ』

なんだかすげーぜ、ムッシュセルジュ(今まで存じ上げませんでしたが…)!
計算って九九じゃないでしょ。
九九でも 25km過ぎたらヤバそう。

そーいえば、25kmまでは心身共にとても快調だった。
このペースならネットでサブフォー?って、
それこそ狸な計算してた。
でも、当然そんな甘くはなかった。

去年はふくらはぎがいうこときかなくなったけど、
今年は大腿四頭筋にきた。

なので、下半身筋力アップが今後の課題なのだ。


さらに、
『女性ランナーの草分け、ゴーマン美智子さんは「レース翌日に暖かく着込んで、ゆっくりゆっくり走る時が最高」と語っている』

な、なるほど!
「レースの翌日にビールをひっかけて、じゃかじゃかギターを弾きながら歌うビートルズが最高」と通じるものを感じたよ。
おかげでいきなり謎が解けました!

何かから解き放たれたようで、
気持ちだけはとても元気すぎる。
でも、いい加減寝なければ…。


※上記 『』 内はいずれも朝日新聞 2月18日朝刊より

f0036670_2441341.jpg

STARTの表示がなければ、なんなんだかよく分からないスタート地点
[PR]
by bulldog-003 | 2008-02-19 02:50 | 東京マラソン
<< 一緒に走ろう! Beatles Night! >>