ANJAIMO

福岡ツアーの想い出をひとつ。

去年の9月、日之影の帰りに福岡に立ち寄った。
久々の体育会系の友に連れられ、
まずは「鉄鍋餃子」で腹を満たした(間違いなくうまい)。
お次は焼酎だ!と意気込んで向かった店は満席。

「Avispa(当時J2)が上がってきたらまた来るよ!」と友に約束した。

Avispaは見事にJ1復帰。
2月に試合日程が発表され、vs Avispa(博多の森)は4月9日と決まった。

な訳で、前日から乗り込み、
まずは満席だった店(今回は予約しておいた)にレッツゴー!

こだわりの焼酎を“ウリ”にしている店だけあって、
メニューにはいかにもな名前が並ぶのだが、
いつも宮崎の芋焼酎(霧島)があればそれでいいタイプなので、
よく分からんかった。
なので、おすすめ欄にあった焼酎をロックで注文した。

それが「兄者芋」(あんじゃいも)。
まずは一口…、旨いのだ。
どのように旨いのかは旨く書けないのだが、たまらなく旨い。

気のいい店員のお兄さんに聞けば、
指宿の酒蔵で造られたものとか。
なので情報送っち栗 motokiくん!

最後に、この店の一番芋くさいのちょーだいと
オーダーして出てきた酒も旨かったのだが、
すでに兄者芋でバカになっていたので名前は忘れた。

「友と焼酎と博多の森」 いいツアーだった!

f0036670_031366.jpg
[PR]
by bulldog-003 | 2006-04-18 00:36
<< 週刊 “日之影 on my ... vs. Avispa >>