鎮まれ!

今年、1月の下旬 「新燃岳」 が噴火したとき、

火山関連の情報を検索していて、気になる本に引っ掛かった。

「死都日本」 (石黒 耀 著)という小説だった。

2月に読んだ。

f0036670_22475769.jpg

南九州に位置する 「加久藤カルデラ」 が超弩級の噴火を起こす。

上を下への大騒ぎどころじゃないことになるのだが...。

最後の頁にたどりつくまで、

毎晩、絶対勝てない相手とリングで戦かわなければならない本だった。


地震と津波、そして台風の破壊力は容赦のないものだった。

今はただ 「鎮まれ!」 と祈るばかりだ。


asahi.com の記事 “ 新燃岳と桜島 「噴火の懸念」 ” を読んで。
[PR]
by Bulldog-003 | 2011-10-11 22:59 | つれづれ
<< 抽選結果のお知らせ 宮崎県北地方の物産を販売します... >>